ガン細胞が消えると謳う健康食品販売会社取締役2名が逮捕!

2022年12月~2023年2月にかけて、「がん細胞が消える」などの効能効果をうたい健康食品を許可なく医薬品として販売したなどとして、神奈川県警は21日、健康食品販売会社の取締役2人を逮捕しました。

このニュースの注目ポイント

  • 医薬品医療機器等法(薬機法)の違反による逮捕(未承認医薬品)
  • 去年8月、県警のサイバーパトロールで発見され、半年後に家宅捜索で発覚
  • ここ3年間で同様の商品でおよそ1億7000万円を売り上げていた

健康食品において疾病治療や予防ができるような効能効果を持たせ販売することは認められておらず、本件は承認を得ていない医薬品を販売したとみなされ逮捕に至っています。

県警のサイバーパトロールで発見されたと言われていて、ホームページなどで販売している場合はすぐに発見されるような精度に達していると見受けられます。

かなり売上があったようです。やはり、「ガン細胞が消える」というインパクトと、藁にもすがる思いの患者様が期待して購入されてしまったのでしょう。

仮に、販売会社は騙すつもりがなく販売していたとしても、ガンという病の重さや患者様の適切な受診機会を奪っていることから、私たち国民の健康を脅かすののとみなされた「逮捕」という処分に至ったのでしょう。

これまでの事例を踏まえても「癌に効く」ような広告で販売しているサプリメントや健康食品などは一発アウト(逮捕)になっています。

薬機法違反に積極的な県警

余談ですが、薬機法違反摘発に積極的なのは大阪府と神奈川県です。これは、販売会社がその都道府県になかったら安心かというと間違いです。県警は、その都道府県内に被害者が一人でもいれば動きますので。

これだけインターネットが広まっている今、全国で安全な場所というものはありません。

健康食品の広告はそれだけセンシティブに扱っていく必要があると肝に銘じておく必要があります。

少しでも不安に思われる方、アドバイスが欲しいという方はお気軽にご相談くださいませ。